トップ / お役立ち資料 / 世界最大の小売企業と呼ばれるウォルマートの成功と失敗。その変遷とは。
導入事例のアイキャッチ

世界最大の小売企業と呼ばれるウォルマートの成功と失敗。その変遷とは。

Aug.10.2023
導入事例のアイキャッチ

ウォルマートは1962年に創業された世界最大の小売企業として知られており、その成功と失敗の歴史は小売業界における重要な教訓となっています。本記事では、ウォルマートの成功と失敗、その変遷に焦点を当てながら、小売業界で働く人々にDXの重要性を示します。

小売業界は常に変化し続ける競争の激しい分野です。その中でもウォルマートは、圧倒的な規模と影響力で知られ、小売業界の歴史を塗り替えてきました。ウォルマートの成功と、その成功に隠れた多くの逆境や試行錯誤についてピックアップし、小売業界の未来を切り開く鍵を探ります。

ウォルマートの世界的な影響力

ウォルマートは世界最大の小売業として知られていますが、低価格戦略や顧客体験の向上により、消費者行動や市場トレンドに大きな影響を与え、小売業界全体の方向性を塗り替えてきました。同時に、ウォルマートのビジネスモデルは小売業界における競争環境を変革し、業界のデジタル化とイノベーションに対する注目を高めています。

世界最強小売企業の誕生

ウォルマートが成功した要因は多岐にわたりますが、その中でも以下の4点が特に注目されています。

walmart shopping cart

1. 徹底的な低価格戦略の追求

ウォルマートは大規模店舗を展開することで、調達や物流において規模のメリットを最大限に生かし、効率的な調達と供給チェーンの確立、コスト削減をしたため、競争力のある価格での商品提供を実現しました。また、PB(プライベーブランド)を活用し、仕入れコストを下げ、顧客に低価格な代替品を提供しました。

2. 店舗の配置戦略

大規模な店舗展開でも有名なウォルマートですが、多くの消費者が容易にアクセスできる範囲に出店し、幅広い顧客層の網羅、顧客への利便性の提供を実現しました。また、新しい店舗を解説することで雇用機会を提供し、地域経済への貢献を促しています。

3. 効果的な在庫管理、データ分析の活用

ウォルマートはPOSデータや在庫情報をリアルタイムで分析し、需要予測や在庫最適化を行い、効率的な運営を実現しています。また、オンラインでの注文に対して迅速かつ効率的に商品を届けるために、自社の物流ネットワークを活用しています。

4. 顧客体験(CX)の重視

店舗で顧客が快適に買い物を行えるよう、商品品揃えの多様性やレイアウトの工夫をしていますが、デジタル技術の活用にも積極的です。オンラインとオフラインの両方の販売チャネルを統合し、顧客がウェブサイト、モバイルアプリ、実店舗のいずれを利用しても一貫している購買体験を提供しています。顧客は、ウェブサイトでの商品検索や購入、モバイルアプリでのストアナビゲーション、実店舗での商品の取り置きや返品など、自分にとって最適な方法で買い物をすることができるのです。

ウォルマートはこれらの戦略を通じて、顧客満足度の向上、売上の増加、競争力の強化を図っています。

ウォルマートの失敗

時代を読み、顧客体験を優先にしてきたウォルマートにもいくつかの失敗と原因がありました。

1. デジタル化、オンライン戦略の遅れ

ウォルマートはテクノロジーへの投資不足や古いインフラの問題が浮き彫りになるなど、アマゾンのオンライン戦略への先行投資に追いくことができず、オンラインショッピング市場の隆盛に対応できず、存在感が低下し、成長が一時的に停滞しました。この後、テクノロジーへの投資を増加させ、デジタル化を生かした戦略で、各チャネルの効率化や顧客体験の最適化に注力し、遅れを取り戻していきました。

warehouse

2. 労働環境の問題による労働者からの不満

労働環境や賃金に関する問題が取り沙汰され、労働者の不満が高まる事態がありました。一部の従業員に対して低賃金を支払っていたり、正規従業員の代わりにパートタイム労働者を働かせるなど、待遇改善に対する取り組みが不足していました。また、女性従業員からのジェンダーやセクシャルハラスメントの告発が相次いだこともあります。

しかし、近年では労働条件の改善や社会的責任を重視する取り組みを強化し、労使関係の改善に努めている姿勢も見られています。

3. グローバルでのローカライゼーションの失敗

ウォルマートは国際展開において、一本化された店舗運営が難しく、現地の特性に適応できなかった例があります。地域ごとの違いを十分に理解せずに展開したことが要因とされています。これにより、一本化戦略の強化や、地域適応の強化を行いながら、買収と提携を繰り返したことで、グローバル市場における競争力を回復していきました。

ウォルマートの変革

先述の通り、ウォルマートは失敗から学び、DXへの取り組みを本格化させました。では、実際ウォルマートはどのようにデータを活用し、事業に反映させていったのでしょうか。

1. マーケティング戦略への活用

ウォルマートは大量のデータを収集し、そのデータを活用することにより、効果的なマーケティング戦略の策定や意思決定を行なっています。具体的にはまず、顧客の購買履歴や嗜好、行動データなどの膨大な情報を収集しています。これらのデータは、顧客のニーズや嗜好を理解し、顧客に合わせた製品やサービスを提供するための貴重な情報源となっています。ウォルマートはデータ分析と人工知能(AI)技術を活用して、個々の顧客に最適なオファーやプロモーションを提供し、顧客ロイヤリティの向上を図っています。

広告やプロモーションの効果をデータで評価し、投資効率の最大化を図ることで、マーケティング活動の効果を高めています。さらに、データを活用したマーケティングキャンペーンの最適化やターゲットセグメンテーションなども行っており、顧客へのマーケティングメッセージの効果的な配信を実現しています。

2. 需要予測と在庫管理の最適化

さらに、ウォルマートは販売データや在庫データ、物流データなどのさまざまな情報を統合し、効率的な物流管理や在庫最適化を実現しています。データの分析と予測モデルの構築により、需要予測や在庫管理の最適化を行い、商品の供給を迅速かつ正確に行うことができます。これにより、ウォルマートは顧客の要求に迅速かつ柔軟に対応し、在庫切れや過剰在庫といった問題を最小限に抑えることができます。

ウォルマートのデータ活用戦略は、競争激化する小売業界において重要な競争要素となっています。データの収集と分析を通じて、ウォルマートは顧客のニーズを理解し、迅速かつ正確な意思決定を行い、競合他社との差別化を図っています。データ活用の戦略は、ウォルマートの持続的な成長と競争力の維持に欠かせないものとなっています。

小売業界におけるDXの重要性とこれからの未来

ウォルマートの成功と失敗は、小売業界全体に大きな示唆を与えています。DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進は、顧客中心のアプローチを強化し、市場における競争力を向上させるための重要な要素です。顧客のニーズを的確に把握し、テクノロジーを活用して提供する価値を高めることが、小売業界の未来における鍵となります。

当社では、プロダクトデータという観点から皆様が扱う商品の基礎データの収集・整備をお手伝いしております。「Lazuli PDP」では、各商品に対して付与される、特徴タグを用いた、顧客体験向上に重要な顧客分析をより深いレベルで実現するためのタグ・カテゴリを提供しています。ECサイトの売上増加に重要な商品情報の整備も可能ですので、ご興味をお持ちいただいた方はぜひこちらよりお問い合わせください。

Lazuli PDP サービスサイト:https://service.lazuli.ninja/