MISSION

世界中の商品情報を整理し、データを民主化する

私たちLazuliは、このミッションを掲げ、2020年7月に創業しました。

製品・商品に関する情報の管理および利活用は、長らく根本的な課題を抱えています。製品を造り、運び、販売する。この過程がひとつの会社で完結することは稀です。多くの場合、ひとつの製品を造るために、様々な部品や素材を提供する会社が関わります。その製品を商品として販売するためには、さらにたくさんの会社が関わることになります。

この、製品が造られ・商品として運ばれ・販売されるプロセスの中で、「モノ(製品・商品)」は流れていきますが、「情報」の流れはスムーズでないのが現状です。造られたモノは形が変わることなく、売るために物理的に運ばれていきますが、情報は会社ごとに形が異なり、会社間を超えて流すためには、多大な労力が必要です。

この、一見当たり前のような情報の流れが滞る、止まることで、企業のデジタル化を遅らせており、得られるべき効率性や便益が得られていないのです。

製品・商品のサプライチェーンやロジスティクスは日進月歩で進化をし続けています。一方で、製品情報・商品情報のサプライチェーンという根源的な課題には、まだ着手できていていないことが多くあります。

とても大きく、難易度の高い課題です。ですが だからこそ、解決したときのインパクトも大きい。

私たちは、AIをはじめとするテクノロジーの力と、課題に向き合う誠実さと切実さと、考え抜く姿勢をもって、共感して一緒に歩んでくれる仲間と、この根源的課題に取り組んでいきたいと考えています

VISION

商品情報の流通をシンプルに

今、私たちはあらゆるものがデジタル化し、つながり、新たな価値が生まれる世界を生きています。
そのためにはデータが繋がる必要がありますが、私たちにも非常に身近な「商品」というデータは、
その繋がりがまだ十分ではないと私たちは捉えています。
商品に関する必要なデータを、誰もが必要なときに、必要な形で使うことができる。
このような商品の情報がスムーズに流れる世界を実現するために、私たちは技術を独創的に駆使して活動しています。